CAST

川崎。ここに人生崖っぷちの3人の男がいる——。
キャバクラ「ハニーバニー」雇われ店長のシュウ(藤原竜也)、ボーイのコジ(田中 聖)、常連客の健さん(ブラックマヨネーズ小杉竜一)。彼らは人生の一発逆転を賭け、みごと銀行強盗を成功させた。手に入れた大金は1億6,000万円。ハニーバニーの店内で奪った金を3分の1に分けようとするところだ。
しかし、そこで仲間割れが起きる。シュウがコジに向かって、実行犯の自分と健さんが、運転手のコジと同じ取り分なのはおかしい、と分け前の再検討を申し出たのだ。当然のごとく怒るコジ。最後の最後になって、なぜ3人は醜い揉め事を始めるのか……?

事の次第を順に説明しよう。

銀行強盗7日前。川崎競馬場でシュウは絶体絶命のピンチに直面していた。なけなしの金でようやく当たり馬券をつかんだと思いきや、ハニーバニーの売り上げ金、400万円が入ったセカンドバッグを誰かに盗まれてしまったのだ。このままでは凶暴なオーナーの破魔翔(窪塚洋介)に殺されてしまう。

そんなシュウに声を掛けてきたのが、かつて女優志望だったというハニーバニーのキャバ嬢・まりあ(中島美嘉)。シュウは速攻でまりあに連れられ、「川崎の魔女」と呼ばれる伝説的金貸し・渋柿多見子(池畑慎之介☆)から400万円を借りることになる。しかし一週間で渋柿に利子つきで返済しないと、やはり殺されるのだ!さらに追い詰められたシュウに、まりあが突拍子もないことを言い出した。「ねえ、銀行強盗やろうよ」

実はまりあも、のっぴきならぬ事情で大金が必要だった。そのためにシュウには信用できる仲間を2人集めて欲しい、と。ただし、まりあが裏にいることは内緒で。
そこでシュウは、家族や周囲に内緒で事業に失敗して破産寸前の健さん、裏カジノで膨大な借金を重ねているコジを引き入れることに成功。さらにコジの昔の後輩・若槻(木村了)に銃と盗難車を調達してもらった。

これで計画の準備は完璧だ。

ところが現在——ハニーバニーでは3人の絆が崩壊に向かっているようだ。しかも盗んだ大金が入っているはずのボストンバッグを開けると、そこにあったのは札束に模した新聞紙だった!
いったい誰が本物のバッグとすり替えたのか?
この強盗犯3人に加え、まりあ、破魔、渋柿、それぞれの思惑が複雑に絡み合う。
謎に重なる謎。果たして本当の黒幕はどこにいるのか!?
そして大金のゆくえは? 最後に笑うのは……誰だ!