STAFF

監督・脚本 品川ヒロシ

1972年、東京都出身。本名・品川祐。東京都吉本総合芸能学院(東京NSC)第一期生。同期の庄司智春と95年にコンビ「品川庄司」を結成し、ボケとネタ作りを担当。スピーディな正統漫才とストーリー性の高いコントで人気を博す。06年に自らの経験を綴った小説「ドロップ」が刊行、翌年にはコミック化される。そして、09年に自ら映画『ドロップ』を監督、長編初監督ながらその手腕が高く評価された。同年には書き下ろし長編小説第二弾となる「漫才ギャング」が刊行、11年に再び自らメガホンを握り映画化、爽快感ある青春映画として、一作目に続き大ヒットを記録した。

撮影:相馬大輔

1973年、埼玉出身。撮影助手を経て、Bキャメラ、スティディカムオペレーターとして数々の作品に参加。キャメラマンとして手掛けた作品に「SP The Motion Picture」「野望編(10)革命編(11)」、「荒川アンダー ザ ブリッジ」「ポテチ」「ヘルター助ルター」(12)、「箱入り息子の濃い」「スクールガール、コンプレックス 放送部篇」「Miss ZOMBIE」「風俗行ったら人生変わったwww」(13)などがある。「大人ドロップ」(14)公開予定。

編集:須永弘志

東映東京撮影所や、TVの編集助手を経て、映画は「不夜城」(98)からスタート。鶴田法男監督と「リング0 バースディ」(00)から組み、原田眞人監督作品には「自由相愛」(04)、「蜘蛛の函」(07)で参加、「クライマーズ・ハイ」(08)では日本アカデミー賞優秀編集賞を受賞。「仮面ライダー」シリーズなど特撮ものも手がけ、幅広いタイプの作品をこなす。「ドロップ」(09)、「漫才ギャング」(11)に続く三作品の品川ヒロシ監督作品。

照明:三善章誉

神奈川県出身。照明技師として制作に携わった作品は、テレビドラマ「結党!老人党」(WOWOW、09)、「後の日」(NHK-BS、10)、世界初の3D連続ドラマである「TOKYOコントロール」(フジテレビNEXT、11)、映画では「恋するトマト」(05)、「巨乳をビジネスにして男」(06)、「」檸檬のころ」「魁!男塾」「おっぱいバレー」「K-20 怪人二十面相・伝」(08)、「さまよう刃」(09)、「ボックス!」(10)、「KG カラテガール」(11)、「BRAVE HEARTS 海猿」(12)など。

アクション:諸鍛治裕太

スタントマンを経て、98年より本格的に殺陣師、アクションコーディネーターとして始動。映画、舞台、TV、ゲームソフトなど多岐にわたり活動する。主な映画作品に「バトル・ロワイヤルII~鎮魂歌~」(03)、「CASSHERN」(04)、「日本沈没」(06)、「TAJOMARU」(09)、「さや侍」(10)、「劇場版SPEC~天~」「宇宙兄弟」「BRAVE HEARTS 海猿」(12)、「人類資金」(13)など。品川ヒロシ監督とは「ドロップ」(09)からのタッグとなる。

録音:湯脇房雄

1957年生まれ、大阪府出身。日活芸術学院卒業後、80年以降映画、TVの様々な作品にフリーの録音助手を務め、1992年、フリーの録音技師としてデビュー。現在に至る。最近の主な映画作品として「ハゲタカ」(09)、「ゼブラーマン-ゼブラシティの逆襲」(10)、「岳-ガク-」(11)、「莫逆家族 バクギャクファミーリア」「ホタルノヒカリ」(12)、「プラチナデータ」「中学生円山」(13)。品川ヒロシ監督とは「ドロップ」(09)からのタッグとなる。

監督補:西山太郎

金子修介監督「あずみ2 Death or Love」(04)、三池崇史監督「クローズZERO」(07)、山下敦弘監督「天然コケコッコー」(07)、黒沢清監督「トウキョウソナタ」(08)、是枝裕和監督「空気人形」(09)など実力派監督の助監督を務め、TV「相棒」(シーズン4、5)、「科捜研の女」(シリーズ10)では監督も務めている。「ドロップ」(09)、「漫才ギャング」(11)に続き品川ヒロシ監督とのコンビでサポートを見せる。

美術:相馬直樹

1964年、北海道出身。東宝特撮美術助手を経て池谷千克氏に師事。CM美術デザイナーとしても活躍したのち映画作品も手がけるように。主な作品に「海猿」(04)、「交渉人 真下正義」(05)、「UDON」(06)、「自虐の詩」(07)、「おぼろしの邪馬台国」(08)、「20世紀少年」3部作(08・09)、「BECK」(10)、「荒川アンダー ザ ブリッジ」(12)など。品川ヒロシ監督とは「漫才ギャング」に続き二作目となる。