「ドロップ」「漫才ギャング」とデビュー以来連続で話題となり、気鋭のヒットメーカーとなった映画監督・品川ヒロシ。コアな玄人筋にも高い評価を受ける彼が、初めて原作ものに挑んだ第三作でその実力を完全証明する!
本格派のクライムムービーでありつつ、問答無用の

ジェットコースタームービー。徹底したこだわりとサービス精神の融合―――観る者を必ず満足させる最高傑作エンタテインメントの登場だ。

主人公は、どん底からの一発逆転に命を賭ける3人の男。川崎のキャバクラ"ハニーバニー"に努めるやとわれ店長のシュウ(藤原竜也)、ボーイのコジ(田中聖)、常連客の健さん(ブラックマヨネーズ小杉竜一)。彼らが銀行強盗で手に入れたのは、なんと1億6,000万円。この大金は3分の1ずつ分け合う・・・・・・はずだった。ところが、その金を狙っているのは彼らだけではなかった!謎多き美女、そして裏社会を牛耳る闇の帝王たちの思惑と欲望が次々と絡んでくる―――。

激ヤバのキャラクターが続々登場し、ハイスピードで展開する騙しあい・裏切り・逆転の連続! このストーリーの圧倒的な面白さと品川監督への信頼に惹きつけられ、かつてない個性派キャストの顔合わせが実現した。

主演の強盗団リーダー格・シュウには「デスノート」

「カイジ」など数多くの邦画大ヒット作で主演を務めた名優・藤原竜也。キレたらヤバい弟分・コジには若手注目株の田中聖。ユーモラスな健さんにはブラックマヨネーズ小杉竜一が本格演技に初挑戦。
そしてヒロインのキャバ嬢・まりあにはシンガー、女優として幅広く活躍する中島美嘉。キャバクラの凶暴なオーナー役には窪塚洋介。"川崎の魔女"と異名を取る金貸し役に池畑慎之介☆。まさに、あらゆるカルチャージャンルからディープな精鋭が一同に集結した。この超豪華キャストが全員カラダを張って限界超え!「まさか!!」「ここまでやるか!?」と何度も声を上げてしまうほど、ムチャすぎる快演で映画界の常識をブチやぶってくれる。

さらに哀川翔、檀蜜など、群像劇の中に以外な大物を贅沢に起用するなど、ゴージャスかつ究極のアンサンブルが実現している。

原作は新世代のストーリーテラー、木下半太の同名小説。すでに「悪夢のエレベーター」が映画化されている

彼は、もともと映画監督志望。原作に込められた様々な映画へのオマージュを、品川監督は会話劇を得意とする自分のスタイルで受け継いだ。とりわけクエンティン・タランティーノ―――キャバクラ店名「ハニーバニー」は「パルプ・フィクション」でアマンダ・ブラマーが演じた女性キャラクターの名前だ。―――は、木下・品川両氏が最も敬愛する映画監督だが、その影響は日本の土壌で完全に消化され、府独自のチューンナップを遂げている。怒涛のマシンガントークと共に繰り広げられる予測不能なスリル、笑、アクション!全編にわたりハラハラドキドキは常に最高潮。
最後に勝つのは誰か―――!?それをこの目で見届けるまで興奮は止まらない!